社長のたまにログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社長のログ 第159号 平成26年 1月13日 波左間の海 34

<<   作成日時 : 2014/01/13 18:47   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年1月13日
謹んで新春のお喜びを申し上げます。
当、波左間海中公園は1月4日より開園いたしました。
波左間を愛して下さるダイバーの皆様には、昨年中、大変お世話になり、
有難うございました。今年からも、なお一層のご支援を賜りたくお願い申し上げます。

1月1日 朝、洲崎神社の本殿へご挨拶を行い、
1月4日に4日振りに初潜りを高根で行い、
海底の洲崎神社(分社)で昨年の無事故のお礼と今年もなお一層の安全潜水の祈願をし、
心新たかに、昨年まで賑わしてくれたアイドル達(1mもあるコブダイの頼子)に
今日初めてマスクをずらし、おでこに感謝の気持ちでキスをしてあげた。

クダゴンベ・ソメワケヤッコ・タキゲンロク・オウモンカエルアンコウ20cm他4匹
アブラヤッコ・ナメラヤッコ・フエヤッコ・タテキンの幼魚6匹・無数の大きなメジナの群れ
オウモンハタ20匹他、東京湾に生息している無数の魚達が、我々ダイバーを迎えてくれる
決してダイバー達を飽きさせないポイントである。

なお、去年から設置した水中エアードームを体験してみて下さい。
その場所は小さな小さな一人用の飲茶場所で、
タンクを背負ったままダイバーの胸まで入り、そこで温かいコーヒー等を飲むと
また格別の味わいが致します。(勿論、他の飲料でもOK)
-17mの高圧下のエアードームにはマナーを守って順に入ってください。

エアードームの中から外の風景を見ると、近くに大鳥居がそびえ、
コブダイの頼子と戯れているダイバーの姿が見え、
好奇心のあるオウモンハタやミノカサゴがドームの周りで遊んでいる。

ドームから25m離れた場所のエボシの岩の頂上に白銀色に輝く神社(洲崎神社の分社)が
朝の光に輝き、光仰しく見え、沢山の魚達に囲まれた見姿は一見の場面でもある。
私は満足しながら浮上に入った。

2本目も高根・4本目も高根。

3本目にドリーム漁礁
透明度20m以上あるので飛び込むとすぐドリームが目の前に迫ってくる。
頼朝がしもべを従えて私達を待っている。
持参した好物を好きなだけ食べさせてやる。
残りはイケスに入れておく。頼朝は頼子より一回り大きく迫力があり、
頼朝も20年以上の付き合いだ。何をしても嫌がらない。
利口な奴だ。しばらくして、そのいつもの場所を離れ、クダゴンベを見に行くと、
いつもの場所で元気にペアーで遊んでいた。

その近くにはアカオビハナダイ・カシワハナダイの一家等、
20cmを超える大きな美しいヤンチャクダイの家族・アカネ・キヘリに近いキンチャクダイも様々だ。
勿論、ドリームは数万のネンブツダイの幼魚やイサキの幼魚(ウダネ)で視界が時々遮られ
ありとあらゆる魚達の楽園である。

ドリームだけで満足するが、私はタイヤ漁礁に向かった。
ドリームとタイヤにはザブトンヒラメがべたべたいる。
タイヤのキンギョハナダイの群れの中に混じって、
スミレナガハナダイの幼魚(6cm)も元気だ。
好物の餌も食べ、大きく成長している。
頑張れ、越冬してくれと祈る。

次の群れに行くとアカオビハナダイのファミリーが2家族・
ケラマハナダイの一家が迎えてくれて、好物の持参した餌を食べてくれている。

ミツボシソラスズメやクマノミ等も10数ヶ所にたむろしているが、
タイヤ漁礁もドリームと一緒で無数の稚魚でごった返している。
中層にメジナ・イシダイの群れ、その下に稚魚の群れが5m位の層を作っていて
その下がアカオビやケラマやサクラダイ・キンギョハナダイが群れている。
下層には30cm大の大きなマアジの群れがゆっくり休んで、
アカアマダイもマアジと共に穏やかな海底で身体を休めていた。

私達は彼等に刺激を与えないように静かに移動して、ドリームで浮上に入る。
一本目は多少荒れていたが、2〜3本目は、波も静まり穏やかな初日であった。

これから先、マンボウランドの整備をして、
2月からの受け入れ準備に入り、6月までマンボウランドを開き、
7月末日に黒潮が館山に奥深く入り、それと同時にジンベエザメがやってくる。
その網の修理と点検を行う作業が大変だ。
今年もいつもの様に、いつもの時期に彼等が黒潮に乗ってやってくる様、願うのである。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社長のログ 第159号 平成26年 1月13日 波左間の海 34 社長のたまにログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる