社長のたまにログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社長のログ 第141号 平成24年8月1日 波左間の海14

<<   作成日時 : 2012/08/01 08:35   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

7月の半ばを過ぎ、海水温度もぐんぐん上がりだし、
心の中では今年もジンベエよ来いと毎日祈るように、波左間の沖に設置してある定置網へ操業に向かう定置船を夜明け寸前の薄明かりの波左間の港で無言で見送る。
一昨年は7月26日にジンベエが入り、去年は7月27日と2年連続で定置網に入った。

暑い日が続き、いよいよ明日が27日だ。ジンベエよ着てくれと切に祈る。
前夜は一睡も出来ず、夜明けの朝霧の中を出航する定置網の船を見送る。
後は携帯電話が鳴るのを待つだけだ。夜明けのコーヒーを静かに飲んでいると船が帰ってきた。
潮流が早くて操業が出来ない。様子を見るとの事だった。
AM10:00頃、潮流が止まらず、7月27日の操業は中止と決まった。
私は思った。多分、定置網の中に既に入っているだろうと。

翌、7月28日、朝霧の中を船は出航して行った。
30分後、私の携帯が鳴った。船頭からの電話だ。
まだ潮が早いので、東の底層網から揚げると連絡があった。
AM7:00、東の底層網を操業し、船が帰ってきた。
夏の魚、まるそうだ・シイラ・サバ・イナダ他、色々で約2トン位であった。
船頭は潮待ちをすると言ってくれた。

8時が過ぎ、9時になり、私達は9時15分にポイント高根へ向かう。と同時に定置網の船も出航して行った。
ポイント高根で40分、エアードームでコーヒーを飲み、大勢のダイバーたちと頼子と遊び、海底神社に参拝し(特にジンベエを)ミノカサゴに持参した餌を与え、オオモンハタ達にも十分に餌を与え浮上する。
浮上すると同時に、定置網の小船(チャッカー船)が私を迎えに来ていた。
ジンベエザメが入ったのだ。

ヤッター・目頭が熱くなる。3年連続の快挙だ。
私は急いでチャッカー船に乗り、西側に設置してある定置網に向かう。
船頭達が私を待っていてくれた。

スキューバーの装置をつけて、すぐ網の中に入る。
目に入ったのがマンタが3枚泳いでいる。キハダマグロの50キロ位のが3本、シイラが20匹位、その向こうに夢にまでみていたジンベエザメが泳いでいる。参拝の願いが通じたのだ。
マンタやマグロを後回しにして、ジンベエだけを巨大な網で上手に包み、静かにマンボウランドへ60分かけて向かい、枠の中でそーっと網を解いてあげた。
ジンベエザメは暴れもせず静かに枠の中に消えていった。
推定3.5mの雄のジンベエザメである。

この日はそーっとしておき、翌日の早朝に餌を持ってマンボウランドへ向かう。
マンボウランドの網枠の外側に船を係留し、潮上の確認をしてオキアミを少しずつ、ゆっくりと撒きだす。
オキアミが潮に乗って少しずつ沈みながら潮下に流れて行き、しばらくすると20m先に背びれが見え、匂いを伝わり真っ直ぐに向かってくる。
彼は匂いの現場を確かめに来ているのだ。目の前まで来て、大きな体を翻して戻っていった。
約5分後、彼は戻ってきた。撒き餌の端を食べながらこっちへと向かってくる。
これで一安心だ。根気よく餌を与えれば心配ない。ベストを尽くしてジンベエに専念できる。

彼の名前を付ける事にした。伝令の神・ヘルメスである。


2012年7月31日
荒 川 寛 幸

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
社長のログ 第141号 平成24年8月1日 波左間の海14 社長のたまにログ/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/05 16:38
プラダ 財布
社長のログ 第141号 平成24年8月1日 波左間の海14 社長のたまにログ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/09 20:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社長のログ 第141号 平成24年8月1日 波左間の海14  社長のたまにログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる